Loading

七五三

大切な大切な七五三だから

お子様にとって一度しかない七五三。だからこそきちんとお祝いしたいけど・・・
「商品の現物を見る機会がない」「商品をカタログからでしか選べない」など様々なお話を毎年伺います。
当店ではその思いを実現すべく、毎年9月上旬店内一色七五三グッズで溢れる七五三展を実施しています。
ご家族にとって大切な行事だからこそ、ゑり福では七五三を大切にしています。

髪置きの儀(3歳)

3歳になると、それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置き」の儀式が行われました。男女ともに行う乳児から幼児になる儀式です。3歳の七五三では、まだきちんとした帯を結んでおらず、仕立て直しをしたお宮参り着に被布という袖なしの羽織りものを着用するのが特徴です。3歳の男の子も同様に袖なしの羽織りものを着用しますが、現代は5歳と同じような羽織袴が多くなりました。

袴着の儀(5歳)

5歳になると、初めて袴を着ける「袴着」の儀式が行われました。幼児から童子への成長を祝う儀式で、女の子も袴をはいていた平安時代には男女ともに行われていましたが、江戸時代に武家の男の子の祝いに変化しました。「袴着」というように、紋付の羽織袴が基本です。羽織には勇ましい鷹、兜、武者などの絵柄が、袴には縞柄の仙台平などが好まれています。さらに懐剣や扇子を身に着け、白足袋に草履(雪駄)をはきます。

帯解きの儀(7歳)

7歳になると、本式の帯をつけ始める「帯解き」の儀式を行っていました。帯には、それまで不安定だった魂をしっかりとどめるという意味もあり、帯を締めて一人前とみなされました。「帯解き」というように、華やかな振袖に袋帯や丸帯を締めます。七五三では、帯の下部にしごき帯という飾り帯を結ぶのが特徴で、帯締めには丸ぐけか丸うちを使います。また、胸元に箱せこという小物入れをはさみ、扇子をもちます。

PAGE TOP